許せない事


子供が勉強出来なかったり、ぼーっとしてる事。

親としてはそれほど気にすることないんじゃ
ないですか?って思ってるんですけどね。

ただ一つ、悔しい事。

「この子はなにか障害があるんじゃないか」って
言われます。

保育園でも、小学校でも、中学でも
初めて言われたときは正直に受け止めて
検査もさせました。
結果は「異常なし」。
先生も教育のプロなのである意味線引きは
しないといけないのかもしれません。
でも、しょっちゅう呼び出されてそんなこと
言われてたら、他の親や、クラスの子供達にも
うわさが広がってしまいます。
いや、実際広がってしまいましたが。
それによっていじめが起きました。
クラスメイトはともかく親が教えたんでしょう。
勝気な性格の子は執拗にイジメてきたそうです。

ある日、また学校に呼び出されました。
何故か着替えを持って来いと。

あんまりダラダラしてる子見てると
若い先生は腹が立つんでしょうね。
ある日、教室で一人つるし上げにされたそうです。

クラスの子から聞きましたが
一人立たされて延々怒鳴られ、説教されたと。
息子は怖くなってその場で漏らしてしまったと…
私はそれを聞いたとき

「最悪な事をされた」

そう思いました。
先生が、担任が、子供の理解者であるはずの人間が…
そんなことできるのか???

もちろん即日学校、教育委員会に抗議しました。
それによってその先生は担任を外され、学校を去りました。
あれから息子は大きなトラブルもなく
高校生になりました。
今では家事を手伝ったり、妹思いの良いお兄ちゃんです。
学校行きたくないなんて一度も言わなかったし
芯の強さはあるんだと思います。
今でも相変わらず勉強は出来ませんが、周りのみんなと
うまくやる才能だけは小さなころからは変わりません。
クラスメイトも大人になったので理解してくれるというのも
助けにはなっている様ですが。

この誰とでも仲良くなれる性格というのが息子の
唯一で、最高の宝物だと思ってます。
専門家といわれる人たちにはもっと理解が
必要だと思います。これ以上、子供の素直な心を傷つけない様
お願いしたいものです。




Copyright © 2016 シングルファーザー日記 All Rights Reserved.